fc2ブログ

室内錠 ドアノブの交換 さいたま市南区にて

さいたま市南区のとあるマンションにて、
「お部屋のドアノブが取れてしまい、扉の開閉ができないので見てもらえますか?」
とのご依頼が入り、作業してきました。

現場に到着し状況を見てみると、確かにドアノブは取れていて扉は閉まった状態でした。
切欠き穴からラッチ本体を覗いてみると、バラバラに壊れていました。原因はこれですね。室内錠では良く見かけるラッチ故障です。

とりあえず、扉を開けないことには何もできないのですが、扉は内開きでラッチ故障、ちょっと大変な作業になるかなと思っていたら、運良く別の扉から中に入ることができたので、難なく扉は開きました。ラッキーです。
同業者の方なら分るかと思いますが、ラッチ故障の解錠で、内開きと外開きではかなり作業内容に差がありますからね。

というわけで、本題はこれからです。
まず、ラッチ本体は修理できる状態ではないので、交換になる旨をお客様にご説明したところ、了承は得ました。しかし、困ったことに既存の錠前は下記写真のような”戸襖錠”でした。

戸襖錠

手持ちの部品は、外側内側ともにレバーハンドルタイプの室内錠しかなく、見た目がかなり変わってしまうので、商品を見ていただきご説明すると、
「あまり使っていない扉だし、レバーの方が使いやすそうだからそれで良いです」との事。
助かりました。ありがとうございます。

寸法が違うため、切欠きを広げるなどの加工を施しましたが、無事作業終了いたしました。
レバーハンドルタイプの空錠へ交換させていただきました。

(イメージ画像です↓)
レバー 空錠


室内錠の交換なら”鍵屋Kロックサービス”へお任せ下さい
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

鍵屋Kロックサービス

鍵屋 Kロックサービス

ブログをご覧いただき
誠にありがとうございます。
鍵開け・鍵交換・鍵作成など、
カギのトラブルお任せ下さい!
埼玉・東京・千葉へ
出張いたします。
お困りの際は下記フリーダイヤル
0120-995-696
までお気軽にご相談下さい。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
鍵屋Kロックサービス HOMEはこちら
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
Facebook